For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 -2..2
明日 -2..2
明後日 0..4
 

初めての言及

タリンは1154年に、アラビア人地図製作者アル=イドリースィーの歴史的記録物の中で、初めて言及されました。それより早い時期から、現地の人々は当地を市場や漁港として使用していましたが、北方十字軍以前の生活については、ほとんど知られていません。 撮影者: Toomas Tuul

初めての言及

2つの支配者の下のタリン

13~14世紀のタリンはデンマーク王国に属し、それは7世紀に渡るエストニアへの外国支配の始まりとなります。タリンの人口の多数は、その地をレバルと呼んでいたドイツ人層で形成されていました。タリンの紋章の形と色は、エストニアの象徴である、タリンの紋章内の3頭のライオンとともに、その時期に生まれました。伝説によれば、デンマークの国旗は、1219年に、空から現在デンマーク王の庭園と呼ばれる場所に舞い降りてきました。 撮影者: Toomas Tuul

2つの支配者の下のタリン

ハンザ同盟都市

13~16世紀にかけて、タリンはドイツ騎士団の支配の下に、ハンザ同盟の貿易の中心地として繁栄しました。塩は主要取引商品として現地商人達の富を増やし、それは結果として、タリンの壮大な建築遺産の足跡を残すことになりました。注目すべき2つの歴史的ランドマークである「三姉妹」と「大ギルド会館」が建てられたのは、同時期に当たります。 撮影者: Toomas Tuul

ハンザ同盟都市

スウェーデン時代

16~18世紀にかけてタリンはスウェーデンの支配下に置かれることになり、スウェーデンはタリンに城壁や地下道を建設しました。農民層であったエストニア人は、その後に続く時代と比べて、かなり自由な生活を送ることができました。 撮影者: Toomas Volmer

スウェーデン時代

ロシア帝国時代

タリンへのロシア帝国の支配期は1918年まで続きました。タリンと、エストニアの他の2都市の間には、1870年代初頭に初の鉄道が敷設されました。タリンの2つの象徴であるカドリオルグ宮殿とカドリオルグ公園は、この時代に、ロシアのピョートル大帝によってエカチェリーナ1世のために建設されました。 撮影者: Kadi-Liis Koppel

ロシア帝国時代

独立エストニア

1930年まで、タリンは欧州の首都の中でも急速に発展を続け、国際文化のるつぼとしてカフェやキャバレーが栄え、たくさんの建築物が開発されました。 撮影者: Toomas Volmer

独立エストニア

ソ連時代

ソ連が占有した40年以上もの間、タリンはソ連全体における、文化的生活の主要都市の1つとしての地位を得ていました。またタリンは、1980年夏のオリンピックでヨット競技開催地となりました。同オリンピックのレガッタ競技のために、タリンの旧市街は修復され、タリンテレビ塔が建てられました。 撮影者: Tõnu Tunnel

ソ連時代

再独立

1988年の「歌う革命」のような平和的抵抗の波は、エストニアを1991年の再独立へと導きました。現代のタリンは首都として急速に発展しています。ハイテク分野に着目するタリンは、その豊かな歴史を誇りとし、広範な遺産を抱きながら歩み続けています。タリンの旧市街は、北欧で最もよく保存された旧市街として、1997年にUNESCOの世界遺産に加えられました。 撮影者:

再独立

新しい開発

タリンが21世紀に進みゆく現場をご覧になるには、旧市街と旅客用ポートの間にある、以前は工業団地だったロッテルマン・クウォーターを散策して下さい。同区域最大のロッテルマン・センターは、お買い物とお食事用の最新施設です。そこには、くつろぎのある、親しみ深い都会的環境があり、歴史的趣、興味をかき立てる傑出した建築物、開放性、独自性、都市の心臓部となる最高の地理的条件を特徴としています 撮影者: Karel Koplimets

新しい開発

歴史遺産