For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 6..9
明日 4..7
明後日 3..7
ニュースレターにサインアップ

Subscribe to the free Tallinn newsletter to get tips about upcoming events,
newly opened attractions, special offers and more!

You are subscribed to newsletter
 

緑の街

タリンは、欧州の中でも少数となる、大気が新鮮な首都の一つであることを誇りとしています。大気が新鮮な理由としては、タリンに50ほどの公園があるとともに、そのいくらかは旧市街からごくわずかの距離に位置するということが挙げられます。その例としては、中世の城壁の最高の眺めを味わえる「塔の広場」の公園、アヒルが集まる細長い堀である、Toomparkの「シュネリ池」があります。 撮影者: Toomas Tuul

緑の街

ピリタ遊歩道

散歩、サイクリング、スケートなどを楽しむ人々に長く愛されている、この2キロの遊歩道は、カドリオルグからピリタまで、海辺に沿って続きます。同遊歩道では、遠方の旧市街を背景とした、タリンの岩の岸壁の最高に鮮やかな光景を、存分に眺めることができます。 撮影者: Toomas Volmer

ピリタ遊歩道

海沿いの街

タリンは、46キロに及ぶ海岸線と、生き生きとした海の歴史を誇りとしています。タリン湾の美しさは、タリンの舗装遊歩道を徒歩、自転車またはスケートで下ったり、ビーチで日光浴をしたり、タリン海岸の静かな海で遊泳したりボートに乗ったりして、お楽しみになれます。 撮影者: Madis Palm

海沿いの街

自転車

タリンには多くの公園、遊歩道、舗装路があり、サイクリングを気軽にお楽しみ頂けます。夏には、タリンやその郊外を自転車で思う存分走り回ることができます。可愛いボヘミア木造住宅のあるカラマヤ地区から、ピリタおよびロッカ・アル・マーレの海岸地区までは、自然の中でのくつろぎや生活を求める方にとって、最高の隠れ家的地域ですが、自転車走行ルートとしても魅力的です。 撮影者: Toomas Volmer

自転車

白夜

白夜では、空気が新鮮であったり、頭の上を日光が照らしたりすることはありません。タリンには、そのひと時を足を延ばしてお楽しみ頂ける、広くて美しい場所がたくさんあります。太陽が夜中前にかろうじて沈み、午前4時に再び上がる白夜は、夏至の数週間の時期にご体験頂けます。 撮影者: Toomas Tuul

白夜

テレビ塔

ピリタにある314メートルのタリンテレビ塔は、エストニアで最も高い建築物です。双方型展示物をお楽しみになった後は、展望台へ上って、エストニア最高となる170メートルのカフェでおくつろぎ下さい。勇気のある方にとって、「崖っぷちのウォーキング」は最高のアトラクションとなります。ランドマークとなる同テレビ塔では、コンサート、演劇、展示会、野外行事が一年に異なった時期に主催されます。テレビ塔のすぐ隣にあるタリン植物園と組み合わせて、ご家族でご来場になれば、楽しい一日をご満喫けます。 撮影者: Kaido Haagen

テレビ塔

温泉

1800年代にエストニアで最初に開かれた海辺のリゾートをご存じでしたか?今日まで、タリンは人気のある温泉地であり続けています。温泉では、ホットストーン・マッサージ、チョコレート・ボディおよびフェイシャル・ラップをご提供しており、ホテルでのご宿泊または温泉のみの日帰りの、いずれかのコースをお選び頂けます。 撮影者: Madis Palm

温泉

レストラン

様々な国民が寄り集まるエストニアの料理は、その各国の最高の料理を融合させたものとなります。タリン旧市街の全てのレストランは、それぞれが徒歩で回れる範囲にあり、エストニアの歴史の味わいに触れたい方、または美味しいグルメをご堪能されたい方をお待ちしています。そこでは、タリンの一流レストランのシェフ達が、現代の最新の料理シーンに皆様をいざないます。 撮影者: Paul Kuimet

レストラン

屋外テラス

さわやかな夏の日や夕べには、タリンの屋外テラスで素敵なひと時をお楽しみ頂けます。市庁舎広場には、新しくなった屋外エリアに加え、とても快適で魅惑的な夏のテラスが数多く備わっています。ひっそりと存在する旧市街の中庭は、熟練した職人達のための場所となっています。そこでは、手工芸品や宝石のお店でお買い物をしたり、美術展示品を鑑賞したり、有名なチョコレート・カフェで作られたおいしいお菓子を試食したりできます。 撮影者: Toomas Tuul

屋外テラス

アドベンチャーパーク

タリンの郊外には、性質が大きく異なる2つのアドベンチャーパークがあり、あなたをお待ちしています。ノーメのアドベンチャーパークは、ロープや橋を賢く使って木々の間を辿り、思い切って進んでゆく展開となります。同アドベンチャーパークからそう遠くない場所には、中世のスイス様式の城や、グレーン公園があり、その魅力を増すものとなっています。都心からわずか15分の、6つのコースを備えたピリタアドベンチャーパークは、高い松の木々や砂浜が伴い、楽しいこと好きの方々に最高にご満足頂ける構成となっています。 撮影者: Nõmme Adventure park

アドベンチャーパーク

ジョギング

ジョギング好きの方々は、タリンで退屈されることはないでしょう。ピリタおよびカドリオルグ、または、カラマヤおよびロッカ・アル・マーレの方角に向き合えば、毎朝新しいジョギングコースを見つけられます。また競技をお楽しみにもなれます。Mai Run(マイ・ラン)は、毎年1万人を超える女性参加者が7キロにかけて競う、有名なレースです。タリンマラソンには、毎年1万5千人を超える走者が参加し、タリン最大のスポーツイベントとなります。 撮影者: Sügisjooks

ジョギング

スケート場

寒い時期に、旧市街の屋外スケート場は、ご家族で冬の楽しさをご満喫頂ける場所となります。聖ニコラス教会の隣のハリユ通りにあるスケート場は、ロマンチックな構成となっています。 撮影者: Mari Kadanik

スケート場

ショッピング

お土産を探される方、ファッション好きの方、ウインドウショッピングをご希望の方は、タリンで心行くまでお楽しみ頂けます。街のセンターモールでは国際的趣向の商品をご提供しており、ブティックでのショッピングには旧市街が最適です。屋外市場、エストニア独特のデザインの家庭用品、および、タリンでハンザ同盟時代以来、砂糖とアーモンドをベースにして作られている、とてもおいしいお菓子の「マジパン」を見落とさないで下さい。 撮影者: Peeter Langovits

ショッピング

くつろぎとリフレッシュ