For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 -5..0
明日 -5..0
明後日 -6..1
ニュースレターにサインアップ

Subscribe to the free Tallinn newsletter to get tips about upcoming events,
newly opened attractions, special offers and more!

You are subscribed to newsletter
 

UNESCO

タリンの旧市街は、「際立って完全かつ良好に保存された、中世北欧の貿易都市」として、1997年にUNESCOの世界遺産リストに加えられました。 撮影者: Allan Alajaan

UNESCO

トーンペアの丘

伝説によれば、タリンの旧市街のトーンペアの丘は、エストニアの神話の英雄カレフが実際に埋葬された塚であると言われています。エストニアの国会議事堂の近くにある、のっぽのヘルマンの塔は、旧市街で最も高層のスポットであり、その先端には、エストニア国旗が、午前7時以降の夜明け時に掲げられ、午後10時までの日没時に下されます。 撮影者: Allan Alajaan

トーンペアの丘

市庁舎広場

市庁舎がタリンに建設されたのは少なくとも1322年に遡り、市庁舎広場もその時以来、隣で存続し続けています。市庁舎広場には非常に特別なスポットとして、市内の中世の5つの尖塔全ての先端を眺められる唯一の場所を記した、円形の石があります。 撮影者: Toomas Volmer

市庁舎広場

トーマスおじさん

タリンで最も有名なシンボルの一つは、市庁舎の塔の先端のトーマスじいさんの風向計です。トーマスじいさんと呼ばれる年老いた戦士のその像は、1530年以来タリンの市庁舎の尖塔の先に、その姿を留め続けています。伝説によれば、風向計のモデルは、塗装された木製のオウムをポールの先に付けて、それを石弓の矢で狙って命中を競う、春のコンテストで優勝した、農家のトーマス少年だったと言われています。コンテストは、当時のタリンの上層階級となるバルトドイツ人が主催したものでした。下層階級であったために通常の賞を受け取ることができなかったトーマス少年は、街の警備の職務を生涯担えるという褒賞を授与されました。 撮影者: Kaarel Mikkin

トーマスおじさん

教会

タリンには20を超える教会があり、そのほとんどは旧市街に位置しています。カトリック、ルター派、ロシア正教、および最近ではユダヤ教が加わった数々の礼拝所は、タリンの文化生活で中心的役割を果たしていますが、その傾向は13世紀初頭に北方十字軍がエストニアをキリスト教化して以来続くものとなります。特に中世に壮大な形で建設された教会は、タリンに最高の芸術美をもたらしました。今日、タリンの教会の多くは、真の建築財産と言えるものであり、コンサート開催地として常時使用されています。 撮影者: Toomas Tuul

教会

ドミニコ男子修道院

タリンに存在する最古の建物は、1246年に建設されたドミニコ男子修道院です。この男子修道院は、かつては異なる文化が入り混じる場所でしたが、今日では北欧全体における優れた記念碑的建築物となっています。夏にその中庭は静かで快適なミュージアムとなり、コンサートや演劇が催されます。 撮影者: Toomas Tuul

ドミニコ男子修道院

聖カタリナ通り

タリンで最もロマンあふれるスポットの1つである聖カタリナ通りは、女性職人がステンドグラス、陶磁器、宝石、キルト、皮革商品、および帽子を製作・販売する、魅力ある小道です。ヴェネ通りとミューリヴァへ通りの間の、その建物と土地の複合体は、全体として、既に1366年にタリンでの不動産登記が行われています。そこからさほど遠くない場所には、美しく復元された「マイスターの中庭」があり、手工芸品、宝石、チョコレート菓子が販売されています。 撮影者: Toomas Tuul

聖カタリナ通り

タリンの要塞システム

現在タリンに点在する中世の要塞が最初に生まれたのは、13世紀末の初期的開発時代でした。継続的な追加事業と改修により、16世紀末まで、タリンは北欧で最も強く堅固な防衛システムを持つ地域の一つであることを誇っていました。中世のタリンでは、都市への門は毎日午後9時以降は固く閉ざされ、その時刻を過ぎて理由なく街を歩いていた者は、拘留されました。 撮影者: Toomas Tuul

タリンの要塞システム

デンマーク国旗

デンマークの国旗はタリンで生まれました。伝説によれば、それは、デーン族による1219年のトーンペアの丘の征服時に、天から舞い降りてきたものだと言われています。落ち着いた雰囲気のその土地は、デンマーク王ヴァルデマー2世とその軍が、1219年のトーンペア征服前に、そこで宿営を行ったと推定されることから、「デンマーク王の庭園」と呼ばれます。同庭園の境界の城壁の一部となる「乙女の塔」は、博物館、展示場、およびカフェが入る形で、公開されています。 撮影者: Toomas Tuul

デンマーク国旗

聖オラフ教会

1549年から1625年まで、159メートルの尖塔を持つ聖オラフ教会は、世界で最も高い建物でした。同塔はこれまで10回ほど落雷に合い、教会は知られているだけで3度全焼しました。教会の記録として書面に残っている最初のものは、1267年に遡ります。 撮影者: Toomas Tuul

聖オラフ教会

市議会薬局

市庁舎広場の市議会薬局は、現在でも営業を続けている薬局として欧州最古のものとなります。 同薬局は1422年に開業しました。そこでは中世に、ミイラのジュース、海外ミイラの粉末の混合液、焼きハリネズミの粉末、ヘビの皮、ミミズが売られていました。現在では、キャンディ、クッキーやマジパン、ゼリー状の果皮も買うことができます。今日、同薬局は、博物館および現代の薬局として営業しています。 撮影者: Anu Vahtra

市議会薬局

クリスマスの木とクリスマス市場

毎年冬になると、タリンの市庁舎広場は、数週間に渡って、意匠が凝らされたクリスマス市場で賑わい、人々は、贈り物を買ったり、コンサートを楽しんだり、サンタに出会ったり、香辛料の入った温かいワインを飲んだりします。記録によれば、黒頭組合の商人達は1441年に市庁舎広場にトウヒの木を置いたと言われていますが、それは欧州初の公共のクリスマスツリーの1つとなります。その市場を見るために世界中の人々がタリンを訪れ、タリンはおとぎ話のような街となります。CNNも、世界で最も美しい市場の1つとして、タリンのクリスマス市場を選びました。 撮影者: Sergei Zjuganov

クリスマスの木とクリスマス市場

聖霊教会

聖霊教会は、旧市街に位置する古いルター派教会ですが、その歴史は13世紀初頭に遡ります。様々な注目すべき美術品の中で、クリスチャン・アッカーマンが15世紀に製作した、同教会の優れた彫刻時計は、タリンで最も愛されるランドマークの一つです。 撮影者: Tavi Grepp

聖霊教会

旧市街