For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 21..26
明日 21..26
明後日 20..27
 

撮影者: Merlen Aringo

トリップアドバイザー旅行者による格付け

4.0

84 件のレビューによる

所在地 (マップ)

Pikk tn 26, Tallinn

旧市街

以下からの距離::

空港

5km

1.7km

鉄道駅

0.70km

バス・ステーション

3.50km

オープン/利用可能

月曜日-金曜日 9-15

料金 

タリンカードで -100%

ウェブサイト

http://www.mustpeademaja.ee

お問い合わせ先

+372 669 9946

情報

アクセシビリティ情報

Semi-accessible
  • doors width less than 70 cm
  • threshold or step hight more than 4 cm
  • gradient of ramp over 10%
2
Steps
  • number of steps above the symbol
16cm
Low step
  • one step outside the entrance door
  • height under 13 cm
  • height in cm above the symbol

この美しいルネサンス様式のギルド用ホールは、旧市街の貴重な建築物の中でも真に光輝く主役的存在と言えます。

外側からホールを眺めるだけで目に入る、複雑に装飾が施された、赤、緑、金の色からなるドアは、この建築物がタリンの全てのポストカード売場で常に人気がある理由を伝えるのに、十分と言えます。屋内も必見です。

同建築物は、若い独身の商人と外国人からなる中世のギルドの「黒頭組合」の歴史的拠点でした。同ギルドの守護聖人は聖マリティウス(モーリシャス)であり、ギルドの紋章には、その横顔が描かれています。1399年頃に生まれた同ギルド自体は、エストニアとラトビアだけで活動を行い、欧州の他の地域に展開することはありませんでした。中世の同ギルドの義務の一つが、毎年、市庁舎広場にタリンのクリスマスツリーを用意することであったのは、興味深い事実です。記録は、その活動の開始が少なくとも1441年に遡ると記されており、タリンが、公共のクリスマスツリーの伝統を持つ欧州初の都市であることを示しています。

同領地は、1500年代初頭に黒頭組合に買い上げられた際には、おそらく、14世紀に建てられた住居ビルに占有されていたと思われます。黒頭組合は、すぐにアーチなしの天井の付いた新しいホールを設置しましたが、本格的な再建の開始は1597年となり、その年に、豊富な飾りつけや彫刻の装飾が施された、オランダ・ルネサンス様式のファサードが、加えられることになりました。すぐ目につく正面のドア部分は、1640年に構築されました。内部では、2つに分けられた会衆席のある円天井のホールが見られますが、それは隣接した聖オラフ・ギルドから購入されたものであり、元々15世紀に製作されたものとなります。 

同会館は、コンサートやその他の華やかな社交行事によく利用されますが、もちろん、そこで催される行事は不朽の価値を帯びることになります。

コンサートや他の行事の期間中は、閉館となります。


所在地 (マップ)

Pikk tn 26, Tallinn

旧市街

以下からの距離::

空港

5km

1.7km

鉄道駅

0.70km

バス・ステーション

3.50km

オープン/利用可能

月曜日-金曜日 9-15

料金 

タリンカードで -100%

ウェブサイト

http://www.mustpeademaja.ee

お問い合わせ先

+372 669 9946

情報

アクセシビリティ情報

Semi-accessible
  • doors width less than 70 cm
  • threshold or step hight more than 4 cm
  • gradient of ramp over 10%
2
Steps
  • number of steps above the symbol
16cm
Low step
  • one step outside the entrance door
  • height under 13 cm
  • height in cm above the symbol
TripAdvisor® 旅行者のレビュー

"Interesting Building, Interesting History"

4.0

2019年7月21日, by wendyanddavid536

A lovely building in the centre of the Old Town, the House of the Blackheads was closed when we were there, but there is a board outside explaing its history and that of the Tallinn Brotherhood of... 詳細

"Not worth inside"

4.0

2019年7月14日, by Dan2014

Great to see from the outside but I don’t think it’s worth the money it cost to go inside. Does provide you with background to the use of the building and the Blackheads and you get too see the main... 詳細

"Smaller and less ornate than its Riga counterpart"

4.0

2018年10月14日, by GeysirGal

This is somewhat smaller and less ornate to its better known Riga counterpart, but the building served the same function nevertheless as headquarters for the organisation which bears its name... 詳細

フィルター:
見る&行く
エリア
アクセシビリティ情報
フィルターの消去 

クリックしてマップに移動

以下もご参照下さい