For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 21..26
明日 21..26
明後日 20..27
 

撮影者: Kirsti Eerik

お問い合わせ先

情報

アクセシビリティ情報

Semi-accessible
  • doors width less than 70 cm
  • threshold or step hight more than 4 cm
  • gradient of ramp over 10%
13% 5m
Steep ramp
  • indication of gradient expressed in percent on the symbol
  • ramp lenght in meters

ノーメ郊外のグレーンの城の周りの同園では、散歩、星の観察、冬場のスキーが人気です。
グレーン公園の歴史は、ヤルギマエのバルトドイツ人邸宅の所有者、ニコライ・フォン・グレーンが、ノーメ地域に転居した19世紀の終わりに遡ります。1886年に、建築家であった同氏は、その能力を生かして、現在グレーンの城として知られる、中世の城の様相を帯びた建物を建てました。

同園は興味深い特徴を多く備えています。グレーンは、自らの愛馬を城の前に埋め、その墓に方尖塔を建てました。城の脇には、2つの小さなプールとともにパームハウスを建てました。同園には、エストニアの叙事詩の英雄カレヴィボエグの像(「悪魔の像」として知られています)、龍の像(「クロコダイル」として知られています)、および現在では趣味の観察用と考えられている、展望台があります。修復作業は1966年に始まりましたが、同園全体ではまだ完成に至っていません。
近くにあるノーメ・アドベンチャーパークでは、たくさんの明るいスキー道が冬に開かれます。

お問い合わせ先

情報

アクセシビリティ情報

Semi-accessible
  • doors width less than 70 cm
  • threshold or step hight more than 4 cm
  • gradient of ramp over 10%
13% 5m
Steep ramp
  • indication of gradient expressed in percent on the symbol
  • ramp lenght in meters
フィルター:
見る&行く
エリア
アクセシビリティ情報
フィルターの消去 

クリックしてマップに移動

以下もご参照下さい