For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 17..23
明日 17..23
明後日 18..25
 

撮影者: Toomas Volmer

トリップアドバイザー旅行者による格付け

4.0

361 件のレビューによる

所在地 (マップ)

Pikk tn 70, Tallinn

旧市街

ウェブサイト

ウェブサイトに移動 

お問い合わせ先

info@meremuuseum.ee

+372 641 1408

情報

子供向け

 

沿岸大門とふとっちょのマルガレータの塔

お気に入りへ追加 あなたのお気に入り!

ピック通りの北端を守っている、これらの2つの防衛用建築物では、タリンの航海の歴史に関するびっくりするような情報を提供しています。

中世に建てられた沿岸大門(Suur Rannavärav)と、ふとっちょのマルガレータ塔(Paks Margareeta)は、街の沿岸部から都市を防衛するためだけではなく、港からやってくる訪問者に強い印象を与えるために建設されました。

今日、ふとっちょのマルガレータの砲塔は、エストニア海洋博物館となり、新石器時代の漁具、骨董価値のある潜水装備、さらに1950年代のトロール船の操舵室といった展示を通して、エストニアの航海の重要な歴史の全てを、視覚的に詳しく伝えるものとなっています。広い博物館は、歴史的な塔の4つの階を使用しています。

5月から9月にかけて、来場者は屋上まで階段を上がり、絵葉書の写真に使われる、タリン港と旧市街の眺めを見ながら、アイスクリーム・カフェで涼を取ります。

沿岸大門は、ヴィル門とともに、中世における街への往来を管理した6つの門の最終となります。ピック通りにある、この門の仕組みは、1300年代に始まりましたが、ふとっちょのマルガレータの砲塔が建設されたのは、16世紀初めの再建時でした。1511年から1530年に建設された、この巨大な円形の塔は、直径が25メートル、高さが約20メートルであり、厚さが最大5メートルの壁でできています。

ふとっちょのマルガレータの名前の起源は、謎となっています。それは、塔に備わる大砲の一つにちなんで名付けられたと言う人もいれば、かつてそこで働いていたマーガレットと呼ばれるコックが由来だという人もいます。

とにかく、塔は歴史を通して様々な機能を果たしてきました。それが石造りであるのは、火薬や武器の使用によるためと、幽閉目的のためです。

所在地 (マップ)

Pikk tn 70, Tallinn

旧市街

ウェブサイト

ウェブサイトに移動 

お問い合わせ先

info@meremuuseum.ee

+372 641 1408

情報

子供向け

 

TripAdvisor® 旅行者のレビュー

"Current construction"

4.0

2019年7月2日, by meryll83

This seemed to be quite an impressive building but due to a lot of works being carried out it was difficult to access well. 詳細

"Fat Margaret"

4.0

2019年6月21日, by palawanismyhome

Fat Margaret refers to the tower by the great coastal gate, but is now a maritime museum. Unfortunately it was closed for renovation during my visit but should be open towards the end of 2019. 詳細

"Under renovation"

4.0

2019年3月30日, by Heli P

The cannon tower with adjoining sea-faring exhibition will be closed till Autumn 2019. Built in 1530 to protect the town from enemy arriving from sea it stands now by the main gate to the Old Town. 詳細

フィルター:
見る&行く
エリア
アクセシビリティ情報
フィルターの消去 

クリックしてマップに移動

以下もご参照下さい