For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 17..23
明日 17..23
明後日 18..25
 

撮影者: Paul Kuimet

撮影者: Paul Kuimet

撮影者: Paul Kuimet

撮影者: Paul Kuimet

トリップアドバイザー旅行者による格付け

4.0

31 件のレビューによる

所在地 (マップ)

Laboratooriumi tn 22, Tallinn

旧市街

以下からの距離::

空港

4.7km

1.7km

鉄道駅

0.50km

バス・ステーション

2.70km

お問い合わせ先

oleg.popiuk@gmail.com

+372 641 1963

情報

アクセシビリティ情報

Fully accessible
  • no step
  • treshold up to 2,5 cm
  • ramp gradient max 10%
  • doors width at least 70 cm
4cm
High treshold
  • threshold hight over 2,5 cm
  • height in cm above the symbol

ウクライナ東方カトリック教会

お気に入りへ追加 あなたのお気に入り!

旧市街にあるこの教会は、屈曲したファサードと、ありそうにないくらい小さな窓を備えた、興味深い中世の建物内にあります。 
旧市街の城壁に沿った狭い通りに建つ同教会を見つけて下さい。
そのウクライナ人の信徒達は17世紀よりタリンで活動していますが、同教会は旧市街においては新参者となります。信徒達は数年前にその建物を買収し、改修を通して、歴史性と現代性の双方を兼ね備えた、心地良い礼拝の場にしました。必ず中に入って、ピョートル・グメニュクによる素晴しい内装とイコノスタスをご鑑賞下さい。
同教会は、三本手の生神女に献呈されたものであり、不当に罰されているあらゆる人々に支えられる教会となります。正門の隣の壁には、教会の改修期に見つかった、モデルとなった粘土の手が展示されています。不当に罰されている人、または恋で不当な境遇に直面している人は皆、その問題を一片の紙に書き綴り、生神女が自分たちの代わりに手を施すことを願って、それを教会前の蓋の中に落とします。 
教会は、タリンのウクライナ人社会のための文化的中心としても活動しています。そこでは、ウクライナの宗教芸術と手工業の小さな博物館も、運営されています。

所在地 (マップ)

Laboratooriumi tn 22, Tallinn

旧市街

以下からの距離::

空港

4.7km

1.7km

鉄道駅

0.50km

バス・ステーション

2.70km

お問い合わせ先

oleg.popiuk@gmail.com

+372 641 1963

情報

アクセシビリティ情報

Fully accessible
  • no step
  • treshold up to 2,5 cm
  • ramp gradient max 10%
  • doors width at least 70 cm
4cm
High treshold
  • threshold hight over 2,5 cm
  • height in cm above the symbol
TripAdvisor® 旅行者のレビュー

"Dont miss the great find"

4.0

2018年8月21日, by zannaevans

A beautiful wooden church that started as a medieval warehouse next to the old wall near the East gate. Has lovely wooden icons and sets of traditional painted easter eggs. Fascinating visit. 詳細

"Interesting little church"

4.0

2018年7月24日, by Jan R

Big wooden Dior hide a fascinating little building. With wooden icons. First time we missed it but if you are lucky it may be open 詳細

"New centre in an old building."

4.0

2017年12月10日, by bitey27

Once a medieval ware house, the building was destroyed by fire in 1894 and then renovated to house the Ukrainian Cultural Centre in 2000. Free to go in. Displays are both at street level and down in... 詳細

フィルター:
見る&行く
エリア
アクセシビリティ情報
フィルターの消去 

クリックしてマップに移動

以下もご参照下さい