For the best VisitTallinn web experience please use Google Chrome.


閉じる
今日 -2..2
明日 -2..2
明後日 0..4
 

タリン旧市街祭り

5月末にタリンでは、旧市街祭りが催され、旧市街は、あらゆる年代層向けの文化活動が行われる、生き生きとした場所となります。お祭りの開催期間中、旧市街の、芝地、広場、通り、カフェは、音楽、美術、演劇や、他の大小様々なイベントを通して賑わいます。旧市街の中庭に普段は隠れている、長きに渡るその輝かしい歴史は、同期間にその姿を現します。中世の騎士や、美しく着飾った乙女がタリンの旧市街を渡り歩く時、その城壁の間に神秘の歴史が甦ります。 撮影者: Kristina Õllek

タリン旧市街祭り

歌と踊りの祭典

エストニア人は音楽が大好きです。その生活のほとんど全てには音楽があふれています。5年毎にタリンで開かれる「エストニア・歌と踊りの祭典」で行われる合唱は、世界最大のものの1つです。通常は最大3万人の歌い手が参加します。 撮影者: Toomas Tuul

歌と踊りの祭典

死の舞踏

バーント・ノトケによる15世紀の絵画「死の舞踏」は、骸骨と踊る人々を描いた不気味な作品ですが、タリンで最も有名な芸術作品です。壁サイズの同作品は、聖ニコラス教会に展示されています。 撮影者: Paul Kuimet

死の舞踏

PÖFF

毎年11~12月にタリンは、バルト地域最大の映画祭であり、欧州で最も影響力がある「タリン黒夜映画祭(PÖFF)」を主催します。 撮影者: PÖFF

PÖFF

ブリジッタ・フェスティバル

ピリタ川の隣の木々の上にそびえる謎めいた三角形の遺構は、15世紀初頭に建てられた聖ブリジット女子修道院跡です。今日それは、8月に世界中のクラッシック音楽愛好者が集う最高峰の祭典である「ブリジッタ・フェスティバル」の開催場所となっています。ブリジッタ・フェスティバルでは、ピリタの中世の女子修道院の神秘的な魅力と、現代の音楽ホールとしての最新性が、多様性と豊かさの中に融合される形となります。 撮影者: Birgitta Festival

ブリジッタ・フェスティバル

タリン海祭り

7月のタリン海祭りでは、帆船から蒸気船までの様々な船室が公開され、雄大な冒険の世界をお楽しみ頂けます。海祭りでは慣例として、港内でのレクリエーション製作ボートへの乗船、タリン港での夜明けコンサート、タリン・レガッタレース、有名ミュージシャンによる様々な無料コンサートに加えて、旧市街港(エストニア語でVanasadam)のショッピング街や広大な子供用エリアなどをお楽しみ頂けます。 撮影者: Kristina Õllek

タリン海祭り

中世祭り

7月初めに、タリンの旧市街は大きく様変わりします。中世祭りでは、繁栄を誇ったハンザ同盟時代の魅惑的な雰囲気をお楽しみ頂けます。広大な中世の市場が、商人やワークショップとともに市庁舎広場に展開します。そこでは、各地からのミュージシャンやダンサーが舞台で歌や踊りを披露します。祭りは中世の行進とともに始まり、その後、様々なワークショップ、実習、舞台での実演が行われます。 撮影者: Toomas Tuul

中世祭り

クム美術館

カドリオルグ公園にあるクム美術館は、その建物自体が芸術作品であり、近代建築の真の傑作品です。銅と石灰岩でできた建物は、曲線や尖った端部で構成され、石灰岩の崖の側面に建てられています。クム美術館では、様々な見学者に向けて、古典美術、現代美術、およびその中間体の美術それぞれを取り扱った展示を行っています。クム美術館は「2008年度欧州ミュージアム」に表彰されました。 撮影者: Toomas Volmer

クム美術館

タリン音楽週間

タリン音楽週間は毎年4月に催される音楽産業会議であり、バルト・北欧地域最大の屋内フェスティバルの1つでもあります。そこには業界における約800名の音楽演奏者が集い、アングラおよびアバンギャルドから、ポップ、ロック、クラッシックおよびその中間系といった、事実上の全音楽ジャンルに及ぶ、エストニアと海外の200曲を演奏します。 撮影者: Tallinn Music Week

タリン音楽週間

カドリオルグ美術館

タリン旅行は、1718年にピョートル大帝がその妃エカチェリーナ1世のために建てた、壮大な北方バロック様式の城を探訪することなくして、タリン旅行とは言えません。イタリア人建築家ニコロ・ミケッティがデザインしたその壮大な城と、周囲に広がる手入れが行き届いた庭園は、皇帝の豪華な生活を示すものとしては控えめな様相となりますが、そこへの探訪が重要と言える理由は、そこにエストニア国立美術館の海外美術コレクションが所蔵されているからです。 撮影者: Paul Kuimet

カドリオルグ美術館

エストニア音楽祭

エストニア音楽祭は、エストニアの音楽シーンにおける、現代クラシック音楽の特別祭典であり、音楽祭として世界最高水準のものとなります。プログラムは、同祭典のために特別委任されたエストニアの一流作曲家による、傑出した曲目で構成されます。 祭典では、国内楽曲および海外楽曲、ムード楽曲および壮大な楽曲といったバランスを考慮しており、そのプログラムはジャンルとスタイルの間でのクロスオーバーを増すものとなってきています。 撮影者: Peeter Langovits

エストニア音楽祭

オルガン音楽

旧市街のほとんど全ての教会には、印象的な美しい音色を奏でるオルガンがあります。タリンにあるドーム型の、タリン聖ヨハネ教会は、100年以上の齢を重ねた貴重なオルガンを使用しており、欧州全域でも特別な存在となります。そういった背景から、タリンは、音楽鑑賞のために世界中から人々が集う、世界的に有名なタリン・オルガンフェスティバルの誇り高い主催地となっています。 撮影者: Paul Kuimet

オルガン音楽

エストニアン・デザインハウス

カラマヤの歴史ある漁業エリアに隠れた形となっているエストニアン・デザイン・ハウスには、デザイナーのスタジオ、デザイン会社、エストニアデザイン協会が入っています。現地のデザイナーによる最高の作品があふれる、そのショールームでは、お気に入りの作品をご購入頂くこともできます。すぐ隣にはカフェがあり、お買い物のひと時をさらに充実したものとしてくれます。 撮影者:

エストニアン・デザインハウス

テリスキヴィ・クリエイティブシティ

テリスキヴィ・クリエイティブシティには、様々な分野で活動する、創造力あふれる幅広い事業者が集まっています。その構成は、160席を備えたレストラン、託児所、印刷店、家具店、古本屋などに及びます。旧市街の周辺部に位置するその拠点は、芸術家達が集う複合施設として発展しています。それは自由を謳歌する者たちの憩いとビジネスの場所であり、同様な関心を持つ人々の集いを促進しています。 撮影者: Paul Kuimet

テリスキヴィ・クリエイティブシティ

気品ある地元の手工芸品

タリンで販売される最もユニークなエストニア土産の例としては、エストニアの伝統的な手工芸品が挙げられます。それらは美しいとともに、通常は手作りによる機能性を備え、製作には何十世紀に渡って培われた手法が用いられています。カラフルなジャンパー、スカーフ、ハット、ソックス、グローブ、手袋といった編み物は、様々な様式のものが販売されています。幅広い麻製品に加え、レザー、石、木材でできた家財道具も販売されています。甘い香りのするジュニパーの木材でできた台所用品には、特にご注目下さい。 撮影者: Anu Vahtra

気品ある地元の手工芸品

野外博物館

タリンでは2つの野外博物館をお楽しみ頂けます。ロッカ・アル・マーレにあるエストニア野外博物館と、ヴィイムシにあるヴィイムシ野外博物館がそれであり、両方ともタリン湾の沿岸部にあります。双方とも、ご探訪になれば、時代を遡るような体験ができます。 撮影者: Estonian Open Air Museum

野外博物館

聖マルティン祭

11月初めは、クリスマスと贈り物の準備の季節となります。聖マルティン祭は、手工芸を取り扱う主要民間行事であり、エストニアの一流職人がその技を披露し、商品を販売します。4日間のお祭り期間では、ワークショップ、書籍の販売会から、音楽やダンスまで、様々なイベントが催されます。お祭りでは、伝統的な飲食物を購入できるとともに、小さなお子様向けの特別工芸プログラムが催されます。 撮影者: Mari Kadanik

聖マルティン祭

現代的文化